犬派!と言いつつ猫にメロメロ そんな人の茶トラブログ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マンモグラフィー
2012年07月01日 (日) | 編集 |
市から子宮頸がん検診のクーポンを頂いた(そんな歳になってしまった!)ので、いそいそと病院に予約電話をかけましたところ『ご一緒に乳がん検診もいかがですか?』とマックポテト並の勧め方をされたので、じゃぁそれも~と、ポテト並に軽い気持ちで頼んだら、がっつり別料金だったでござる。(当り前)
ということで、マンモグラフィー行って来ました。

最初は触診ということで、胸筋全体を右へ左へぐおーっとシコリ探しの刑。
これは意外と痛くなかった。
前に別の病院で検査した時は、イタダダダダ!と叫ぶほど痛かったけど、先生によるのかしらね。
続いてマンモグラフィー・・・

ねえ ご存知?
マンモグラフィーって、機械の間におっぱい挟んでぺったんこにしてからレントゲン撮影っていう
聞くだけなら大昔の拷問器具みたいな検査なのよ。
大きければ大きいで痛いだろうけど、小さければ小さいで地獄だと思うの。
つねる時だって、小さくつねる方が痛いじゃん!?
なけなしのおっぱいを無理やり挟まれるって屈辱的じゃん!?

ここまで言えば分かるでしょうけど、私は巨乳ではない。(これ以上はっきり言いたくないらしい)
介助の看護師さんの頑張りったら無かったね!!
脇の下どころか、背中の方からも集められるだけ集めて挟んだからね!!!
あんなにも『検体』としておっぱいを扱われた事は無かったです・・・・。
めくちゃくちゃ痛かったです。
結果は2週間後。なんともありませんように~

MRI
次回はMRIとか
CT
CTとか
超音波
超音波っぽい物で検査をお願いしようと思います。
スポンサーサイト
テーマ:
ジャンル:ペット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。